3回の利益確保のチャンス

将来利益を可能な限り(コストとの対比)見越して営業・見積り・入札を行う。 良質物件の選別 実行計画段階で利益を追求。 人員と必要材料の適正配分化を行い、求められる品質に充分答えられる山積みを行う。 得られるべき利益と力の入れどころを事前準備で十分予測し計画を立案。 原価(コスト)の徹底管理。 施工プロセスで利益と技術をモノにしていく。 利益を大きく育てる。